書物進行度:5%


by seikou_2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

組立

おはようございます、黒麻呂です。
今日はPC組み立てで格闘いたしますです。

さてさて、TWのお話。
まずはLVUP報告でございます。187へ。
最近いいペースで上がってるなぁ…がんばろっと。
PCを組み上げたら書物も書かなきゃいけませんね。

んじゃ、組み立ていてきますΣ===ヽ( `゚ω゚)ノバヒューン




↓あとマキ誕!俺がスタッフに入ってるんですけどぉぉぉぉ!!www
d0059518_9572641.jpg
マキ誕入り口はこっちー













俺の書物の中には引退した人や、半引退した人が出てきてます。
これについて少し話そうかと。
あの話はあくまでも俺のTW世界観をもとにしています。
俺の「TW世界観」というキャンバスに俺の勝手な空想で色を塗りたくっているものがあの書物『TW Rainbow Road』、というわけですね。
ではなぜ自分以外のプレイヤーを出そうと考えたのか。
簡単に言えば俺のTW世界観においてその人が欠かせないからですね。
(かといって出てきてない人が俺のTW世界観においてどうでもいい、なんてことはないので、その辺は大目に見てください><
だから本当のことを言えば、もうみんな出しちゃいたい気分なのですよ。
みんなというのはルグ鯖全部、ということ。
ただそれをやろうとすると俺の頭のスペックじゃどうにもならないっていうのが一番の問題。
それに晒しとかそういう問題になっても嫌ですしね…。
ただ、このいつかは消えてしまうであろう、TWの世界。
顔を見たわけでもなく、チャットに表示される言葉だけを頼りに仲良くなったみんな。
俺はこの世界のことをどこかにしまっておきたいのです。
こんなに楽しい世界に生きていたんだ、と。
いい年した男が何言ってんだ、とバカにしてくれてもかまいませんよ。
たかがゲーム如きで、と笑ってくれてもかまいません。
イタイ奴だな、なんて思われてもいいです。

誰がなんと言おうと俺がそう考えていることは事実ですから。

だからこの書物は、更新速度がいくら遅くても、見る人がいなくなっても、エンディングを迎えるまで書いていこうと決めています。
自己満足ですから、この書物(苦笑)



と、そんなことを考えていた最近。
仕事に追われて、TWについての空想を広げられなくなった最近。
そんなことを考えるようになっていました。
まぁ…
興味のある人だけ、たまに覗いてもらえればいいかな、なんて。
俺の書物なんて程度が知れたものですけどね。
でも書いていきますので!
出されちゃった人も出せなかった人も。皆様、これからも宜しくお願いします。


黒麻呂
[PR]
by seikou_2 | 2006-05-22 10:43 | TW